インプラントってなんだ?

歯の治療については昔よりもずっと、意識が高くなっています。
歯医者さんは虫歯ができてから行くもの、という考え方ではなく、虫歯ができる前に予防する、メンテナンスする、また美しくするためにも利用するという考え方になっています。
お子さんの虫歯率も以前より低くなっていますし、矯正を行う子供、また大人も多くなっています。

第三の歯と呼ばれるインプラントの治療を受ける方が多くなったのも、歯に対する意識の向上によるものでしょう。
インプラントというのは、歯が抜けてしまい欠損となった部分に人工の歯根を埋め込んで、自分の歯の様に噛める歯を作る治療です。

人工歯根はフィクスチャーと呼ばれていて、これを埋め込む治療を行います。
口腔内に麻酔を行い歯茎を切開、その後「顎の骨に穴をあけて」人工歯根であるフィクスチャーを埋め込みます。
骨に直接埋め込むという治療となりますので、3ヵ月から6ヵ月くらいの期間がかかります。
その後、フィクスチャーに歯の土台となるねじを埋め込み、セラミックでできた人口の歯をかぶせインプラント治療が終了します。

だいぶ期間がかかりますが、歯がない部分に歯を作ることで義歯のような違和感を感じることなく、自分の歯で物を噛む感覚が得られます。
インプラント治療が行われるようになったことで、事故で歯を失ってしまった方やひどい虫歯で歯を抜いてしまった箇所などにも歯を再度、作ることが可能となりました。

しかしこのインプラント、体の中の骨に埋め込むという治療になるため、治療を行う医師が経験豊富で高い実績があることが求められます。
骨に直接埋め込むという治療なので、不安をお持ちの方も多い治療です。
当サイトはインプラントの体に対する影響などの情報を提供するサイトです。
これからインプラントをお考えの方が安心して治療を受ける事ができるよう、お力になれたら幸いです。



《Recommend Site》
第三の歯と呼ばれるインプラントの治療を受けられる青山のインプラントクリニックです ⇒⇒⇒ インプラントクリニック 青山

Copyright © 2014 インプラントの体に対する影響 All Rights Reserved.